樋田だけどメンガタクワガタ

基礎代謝量(きそたいしゃりょう)は目覚めている覚醒状態で生命活動を保つ(心臓の鼓動、鼻からの呼吸、腎臓の動き、体温や筋肉の緊張の保持など)のに要る基礎的なエネルギー消費量のことを指します。
様々な花粉症の症状(鼻みず、鼻づまり、クシャミ等)のために夜間よく眠れない場合、それが主因で睡眠不足の状態に陥り、翌朝起きてからの行動性に良くないダメージを与えるかもしれないのです。
いんきんたむし(陰金田虫)は比較的若い男性に多く、原則として股間の周囲だけに広がり、激しく体を動かしたり、お風呂上りなど全身が温まった時に強い掻痒感があります。
冠動脈の異常である狭心症(angina pectoris)の外科処置では大半の病院で「大動脈バルーンパンピング法(IABP法)」と「冠動脈(かんどうみゃく)バイパス移植手術(CABG)」の2つの治療が精力的に利用されています。
アミノ酸のひとつグルタチオン(Glutathione、GSH)には、細胞の機能を鈍くしたり突然変異を招く害のある物質を身体の内側で解毒し、肝機能をより良くする性能が明らかになっているのです。
H17年2月以降特定保健用食品の外観に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意喚起の文句の表示が食品メーカーに義務付けられた。
複雑骨折して大量に出血してしまった際に、血圧が下がって眩冒や冷や汗、嘔吐感、座っていても起こる意識消失などの不快な脳貧血の症状があらわれるケースがあります。
「ストレス」というのは、「なくすもの」「排除しなければいけない」と思われがちですが、実の所、我々人は多少のストレスを抱えるからこそ、生き続けることが可能になっています。
30才代で更年期がやってきたとすれば、医学的には「早発閉経(POF)」という女性疾患のことを指します(我が国の場合40歳未満の比較的若い女性が閉経する症状のことを「早発閉経(POF)」と称しています)。
吐血と喀血はいずれも口腔から血を吐くことに変わりはありませんが、喀血というのは喉から肺に達している気道(きどう、呼吸器の一種)から出血することで、吐血というのは無腸間膜小腸よりも上部にある消化管から出血することを表しているのです。
手ごわいインフルエンザに適している予防対策や手当など基礎的な措置というものは、それが季節性のインフルエンザであっても新たに発見された新型のインフルエンザであっても一緒です。
鍼灸の鍼を刺してもらう、という直接的な幾多の刺激が、神経細胞を目覚めさせて、神経インパルスと言われている要は電気信号伝達を発生させると考えられているようです。
腹部の右上にある肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが蓄積した状態の脂肪肝(しぼうかん)という病気は、肝硬変を始めとする色んな合併症の素因となるかもしれません。
健康を推進するWHOは、有害なUV-Aのデタラメな浴び過ぎは皮膚にトラブルを誘引するとして、19歳未満の男女がファッション感覚で日サロ(日焼けサロン)を使用する活動の禁止を世界中に勧告中です。
下腹部の疼痛を引き起こす主な病気には、虫垂炎と間違われやすい大腸憩室症、尿管や膀胱などの尿路結石症、大腸粘膜にびらんができる潰瘍性大腸炎、夜間でもすぐ救急にかかった方が良い急性腹膜炎、卵巣の病気など、様々な病名が聞かれるようです。